MENU

トップページ

掲示板

メーリングリスト

ご利用にあたって

blog?

FREE SOFTWARE

JTrim
初心者向けフォトレタッチソフト

WinShot
多機能スクリーンキャプチャソフト

ExPing
ネットワーク管理者向けpingクライアント

CheckAds
Google AdSenseのレポートを表示します

JUNK
過去の遺物など...

DELPHI

Delphi TIPS
管理人が適当に投稿する掲示板

SuperNova
JTrimで試用している超新星エフェクト

TMxBinEditor
バイナリエディタコンポーネント

WebSearch
EmEditorプラグイン

TAIL
UNIXのtailコマンドのWinコンソールアプリ版

WinShot


WinShotはパソコン画面の保存・印刷等を行うことができる、スクリーンキャプチャソフトです。シンプルかつ効率的な操作性と、あらゆるニーズに対応できる多彩な機能を備えています。

最新バージョン1.53a
最終更新日2007/05/15(公開:2007/10/20)
動作環境Windows95/98/Me/NT4/2000/XP
種別フリーソフトウェア
レジストリ使用していない

WinShotのインストーラで発見された脆弱性について

■概要
WinShot 1.53a およびそれ以前のバージョン(インストーラ版)に意図しない DLL を読み込む脆弱性が存在します。 この脆弱性が悪用された場合、インストール時に任意のコードが実行されてしまう可能性があります。 なお、本脆弱性の影響を受けるのはインストーラの起動時のみです。既にインストールされているWinShotをご利用いただくことは問題ありません。

■対策
ZIP書庫版のWinShotをご利用ください。
インストーラ版の配布は既に終了していますが、過去にダウンロードしたインストーラがお手元にある場合は削除してください。

■関連情報
JVNTA#91240916 Windows アプリケーションによる DLL 読み込みやコマンド実行に関する問題

■謝辞
脆弱性を発見していただいた 橘総合研究所 英利 雅美様、ならびにご協力いただいた IPA, JPCERT/CCの方々にお礼申し上げます。

WinShotの Windows Vista 対応について
WinShotは Windows Vistaに正式対応してはいませんが、概ね良好に動作します。Vista上でWinShotをお使いになる場合、以下の点にご留意ください。

  • HELPが表示されません
    • これはVistaで旧来のWinHelpが表示できなくなったことが原因です。HTML HELPを作成すれば良いのでしょうが、あいにく作者はそのスキルを持ち合わせておりません。
  • WinShot.ini(WinShotの設定などを保存しているファイル)の保存先が従来と違う場合があります
    • 主にセットアップ版をお使いの方になりますが、WinShotを Program Files 以下にインストールすると、WinShot.iniがインストールフォルダに作成できず、以下のフォルダに作成されます。

      C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\WinShot

      動作的に問題はありませんし、通常は意識する必要もありません。




    DOWNLOAD

    WinShot Version 1.53a (691KB)


    HISTORY

    v1.53a
  • JPEG保存において、1MB以上のファイルサイズでエラーとなる不具合を修正。
  • v1.53
  • ポップアップメニューからアクティブウィンドウをキャプチャする際、タスクバーをキャプチャ対象としないようにした。
  • 「保存ファイル名を毎回保存する」がオンの時に表示される保存ダイアログのフィルタを「自動保存時の拡張子」の設定に追従するようにした。
  • JPEG形式の「自動保存時の拡張子」項目が正常に動作しない場合があった不具合を修正。
  • v1.52b
  • 印刷設定に「印刷時にリサイズ設定を無視する」オプションを追加。(デフォルト:ON)
  • クリップボードへコピーしたとき、環境設定のDPIの値を反映させるようにした。
  • v1.52a
  • 時間差キャプチャ等のタスクトレイに表示しているカウントダウンのアイコンで使用したりソースが解放されていなかった不具合を修正。
  • WinShot.iniに書き込み権限が無いとWinShotが終了できなくなる不具合を修正。
  • 定期実行キャプチャの間隔の指定を「9999」まで設定可能にした。
  • 起動時に定期実行キャプチャを実行するコマンドラインオプション「-T」を追加。
  • v1.52
  • [開く|保存]ダイアログにプレースバーを表示するようにした(Win2000以降のOSのみ)。
  • 「前回の短形範囲修正」ダイアログに「クライアント/コントロール」を指定して矩形範囲を設定できるボタンを追加。
  • v1.51b
  • WinShotを起動した状態でWindowsを終了させた場合、環境設定が保存されなかった不具合を修正。
  • v1.51a
  • 拡張アクティブウィンドウキャプチャについて、Office等キャプチャするアプリケーションョンによっては有効に動作しなかった不具合を修正(たぶん)。
  • その他若干の修正。
  • v1.51
  • コントロール/クライアントキャプチャ機能においてクライアントキャプチャをデフォルトとするオプションを追加。[環境設定]-[その他の設定]
  • ホット・キーの設定をファイルに書き出し/読み込み機能を追加。[環境設定]-[ホット・キー]
  • WinXPで使用した場合、環境によってキャプチャ後タスクバーが数秒〜1分程度応答しなくなる現象に対処。
  • ©WoodyBells